読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京セラ就職の自己PR

京セラで通用する自己PRとは

京セラで使える自己PR

自分PRは、自身の長所や特徴をどのようによく相手に納得させられるのかということがポイントとなる。 その内容は自身の趣味や特技や資格だけでなく、自身が今までに熱心にしてきた事項にまで範囲を広げて、そしてその事項において自身がどのように成長できてきたかもアピールすることが重要だ。 そしてそれが社会人になってどのように暮らそうとされる、企業においてはどのように役に立つのかまでも話できる必要がある[1]. 

activo.campus-web.jp

 

f:id:kyouserjikopr:20170128034520p:plain

f:id:kyouserjikopr:20170128034600p:plain

 

 

 

☆京セラについて

 

現在の主要製品
スマートフォン・携帯電話・PHS
2016年11月現在、スマートフォンau(KDDI・沖縄携帯電話連合),およびソフトバンク(連結子会社のウィル コム沖縄を含む),UQバイル(UQコミュニケーションズ・沖縄【パリュイネイブラ】連合)に適合するように、携帯電話(featureフォン)はauに適合するように、PHSではソフトバンク(Y! mobileブランドだけ)対象に端末をそれぞれ供給している。 過去にツカナNTTドコモなどにも供給していた。 日本で初めての草ブラウザ搭載端末であるAH-K3001Vやシンプル携帯電話のツカSは携帯電話に別に縁がない65才以上の高齢者層(2004年-2005年当時)から大きい反響を起こした。 また、京セラ制のウィル コム(→ワイ モバイル→ソフトバンクバイル→ソフトバンク)対象音声通話用PHS端末は「キョトポウン」と呼んでいる。
略号は「K」で、NTTドコモ対象だけ「KY」だ。 ただauの場合は2009年度以後に新規開発された音声通話用端末よりKYX01およびKYY01,KYI11,KYL21等正式である製造形式番号に「KY」を利用することができる。 旧デジタル ツカは「KC」を利用していた。 2014年発足のワイ モバイルは「KC」を利用している。
2008年1月21日、4月1日付でサンヨー電気の携帯電話・PHS事業を500億円で買収すれば正式発表した。 海外対象を含む携帯電話に関しては2010年度までKYOCERAブランドとSANYOブランドの領域分離を継続する。 また、サンヨー電気がNTTドコモに適合するように開発していた車両竜台上通信モジュール「FOMA【テレマティクスモジュル】(TM01-SA)」を2009年2月以後に市販するのを発表した。
旧サンヨー電気制端末のサポートも、auに適合したこと以外に、NTTドコモ対象、旧ウィル コムデサン製品を含ませて京セラが継続する。 ただ旧ドングリサンヨー電気製品を除く。
2013年1~6月の北米での占有率は、サムスン電子、アップル、LGに次に4位になった[1].
Android搭載スマートフォン、およびAndroidfeatureフォン(【カラホ】)には一部を除いて、基本的にDIGNOというブランドで展開している。 [2]
☆表示が付与された機種はスマートフォン. ★表示が付与された機種はタブレット.